車庫証明と車検証の手続き

MENU

車庫証明と車検証の住所変更手続き

引越し時には車の手続きを行っておかないと、車検時に余計な変更手続きを行わなければならず、車検の時期がギリギリの時は手続きが間に合わなくなることがあります。

 

 

 

車の場合、車検証の住所を変更する際には、まず車の保管場所を登録しておかなければいけません。

 

 

そのためには、車庫証明(自動車保管場所証明書)と呼ばれる書類を所轄の警察署に届け出てから、車検証の住所変更を行います。

 

 

『車庫証明について』

 

車庫証明の届け出は新しく保管場所を申請する警察署で行います。

 

 

警察所に備え付けてある自動車保管場所証明申請書をまずもらいに行く必要があります。

 

 

手続きは所有者本人でも代理人でも可能です。

 

必要書類は警察でもらえます。
ネットからのダウンロードは、できる地域と出来ない地域があります。(引越し先の地域により異なります。)

 

 

@自動車保管場所証明申請書
A保管場所標章交付申請書

 

@とAは対になっているので1枚に書き込めば問題ありません。(ダウンロードした場合は1枚ずつです。)

 

 

B保管場所の所在図・配置図
車を保管できる場所を作成する書類です。

 

 

C保管場所使用権原疎明書面
保管する場所が自身が所有する土地の場合はこちらになります。

 

 

D保管場所使用承諾証明書
保管する場所が自身で所有しない土地の場合はこちらになります。
(家族が所有している、あなた名義では無い土地の場合でもこちらです。)

 

交付に2500円ほどの費用が必要なります。

 

この書類を全て記載して、警察に出し、数日後に車庫証明書をもらいに行き完了です。

 

 

『車検証の住所変更について』

 

次に、車の情報はすべて車検証によって陸運局で把握されていますので、車検証の住所を変更するためには、新たな住所を管轄する運輸支局で行うことになります。

 

軽自動車は引越し先を管轄する軽自動車検査協会となります。)

 

 

 

車の所有者と使用者が同じ場合で自分で陸運支局に手続きを行う場合は、

 

  • 新住所の住民票
  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • その他、手数料納付書など陸運支局でもらえる申請書

 

 

が必要です。
所有者が違う場合は、名義変更を行わないと住所変更が出来ません。所有者から譲渡証明書と印鑑証明書をもらう事が必要になります。)

 

 

 

繰り返しになりますが、車庫証明は事前に警察署で手続きを済ませておかなければならないので、最初に車庫証明を取得しておく必要があります。

 

 

車検証の住所を変更する場合、車庫証明の期限は3ヶ月までとなっているので注意して下さい。

 

 

また、代理店に依頼する場合は住民票、車検証、車庫証明書があれば手続きができます。

 

 

お店の人から委任状をもらえますのでで、印鑑を依頼時に事前に用意しておきましょう。

 

所有者と使用者が異なる場合は先ほどの書類に加えて所有者の委任状が必要になります。