郵便局での手続き

MENU

郵便局の転送サービスと貯金の手続き

引越しで郵便物を転居先に転送してもらうサービスがあり、一定期間だけ旧住所に届いた自分名義の郵便物は新しい住居に転送されます。

 

 

この手続きは郵便局で行う転居届です。

 

 

郵便局側の説明では転居届には旧住所を証明できる証明書類が必要とありますが、実際は転送届に記入するだけで受理してくれます。

 

 

転送届は1年間無料で新住所に郵便物を転送してくれますし、1年を超えてもさらに転送サービスが必要と判断されれば、更に1年追加で申請することができます。

 

 

上限は不明ですが、転送届を申告すれば1年、更に1年と期間を更新することができます。

 

 

 

転送届の提出方法は3つあります。

 

 

@郵便局窓口に出向いて窓口で手続きを行う方法、

 

A郵便局窓口に置いてある転送届を記入し、ポストに投函する方法、

 

Bインターネット郵便局サイトのe転居ページでの登録を行う方法です。

 

 

 

 

e転居ページはパソコンでもスマートフォンでも対応可能です。

 

インターネットで申し込む場合は、携帯電話が必要になります。

 

 

 

また、郵便貯金も持たれている場合は、転送サービスの手続きと同時に住所変更もされてはどうでしょう。

 

 

  • 通帳
  • 届け出印
  • 新住所を証明できるもの

 

を持参し、住所変更の申請を行うことで、既存の通帳の住所が訂正されます。

 

 

 

通帳ごとに変更が必要になりますので、定額貯金や普通貯金などの通帳をすべて持参して住所変更の手続きを行ってください。

 

 

通帳帳面がいっぱいになると新しい通帳が発行されますが、新しい通帳には通常のパソコン印字の住所で発行されます。