引越し相場の目安が分かります

MENU

海外へ引越しをする場合には、海外引越しを行っている業者に依頼することから始まります。

 

 

まず、第一に、社会上の輸出入になるため色々な制約や注意点があります。

 

 

日本の製品を海外に輸出する扱いと同様なので、荷物を送る相手国のルールに従う必要があります。

 

 

この持ち込めない荷物では、たとえば刃物やおもちゃであっても武器は不可であったり、毒性の高い薬品なども運搬できません。

 

ワシントン条約で禁止されている象牙なども不可となります。

 

 

動物さえも自由に運搬することはできません。

 

渡航先の国によっては厳しく規制されたり、予防接種などの証明書が必要になる場合があります。

 

 

また、海外に日本製の家電を持って行く場合も注意して下さい。

 

基本的に日本と海外の電圧は違う為、使用できません。

 

たとえば、家電の表示にAC100Vと書かれている場合は、100Vの電圧のみに対応し、100V〜240Vと書かれている場合は、100V〜240Vまで対応しています。

 

(日本は100Vですが、アメリカの場合は110から120V)

 

変圧器を使用する方法もありますが、故障や発火の危険性もあるので注意して下さい。

 

 

 

次に、手続きに必要な書類はパスポートと渡航証明が必須となります。

 

さらに国によっては労働許可証会社の在職証明滞在許可証などが必要になる場合があります。

 

 

 

各国に問い合わせてみても良いですが、引越し作業の前に一度引越し業者と打ち合わせを行って詳細な注意点を確認すると良いでしょう。

 

 

海外に荷物を持っていく場合に、最も注意しなければならない点は、荷物の積み下ろしの回数が複数回発生する点です。

 

引越し専用スタッフが積み荷を扱うわけではありませんので、荷物の破損や段ボールの損壊も十分可能性があります。

 

壊れそうなものは補修をする、必要最低限の荷物にするなど工夫が必要です。

 

また、荷物はすぐに受け取ることができない場合がある点にも注意が必要です。