休日に役所で手続きは出来る?

MENU

休みの日しか行けない場合は?

引越し直後になかなか休めない人でも、転入、転出届は、土日でも住民課が空いているところもある為、とりあえずこちらの届け出だけは済ませてしまいましょう。

 

どちらの書類も、引越し日から前後2週間以内の提出が原則です。

 

 

(転出届は引越し前の地域で出せなかった場合、郵送での届け出でも対応可能です。)

 

 

ただ、引越しの際に必要な手続きは住民課だけではありません。

 

 

国民健康保険や国民年金なども、加入者の場合は窓口で必要書類を提出する必要があります。

 

 

しかし、この手続きも休日でも国民健康保険や国民年金の関係課がオープンしている場合もあるので、こちらも同時に済ませます。

 

 

 

それ以外に休日では空いていない児童課などは、残念ながら窓口が空いている平日の空き時間を利用して再手続きを行う必要があります。

 

 

もし、自分は行けなくても代理人(ご家族)が行けるようなら、代理人だけですべての手続きを終えることができます。

 

その際に身分証明書と印鑑を持っていくようにしましょう。

 

 

休日役所を利用して引越し手続きを行う場合は、相談業務は行っていない役所が多いです。

 

行っていないというより、応えられる担当者がいないわけです。

 

役所が空いていたとしても、当日手続きが終了しない場合もあります。

 

 

どちらにしても、役所は休日にすべての関係課が空いているわけではありませんので、急ぎの転入、転出届はその日のうちに、そうでなければ、やはり平日時間を取って申請を行うか、奥さまなどにお願いするしかありません。