引越し約款と保証内容で見るべきポイント

MENU

約款で変更されていないか確認しておく点や良く見ておくポイント

引越し約款とは、引越し業者と契約者との約束事を交わした書類になり、見積もり書の裏面に小さい文字で記載されているため、誰も読まない書類の一つです。

 

 

しかし、業者によっての独自で採用している約款があり、どこも同じ内容ではない為、契約前には確認が必要です。

 

ここでは確認すべき重要なポイントについて掲載しますが、
約款を無視する業者の場合は、契約してしまった場合でも依頼をキャンセルした方が無難です。

 

 

■まず、見積もり金額について

 

 

・引越し業者の見積もり金額は無料となり、一切の内金・前金や手付金を支払う必要はありません。

 

(ただし、転居先の下見を業者に依頼した場合は、下見料が発生します。このケースはあまりありませんが、たとえば、大きな家具や家電が入るかどうかを引越し先の搬入経路や道路幅の確認に行った場合など)

 

 

・見積もり金額を追加する場合は、消費者の同意なしに勝手に変更できません。

 

(もし、見積もり書に記載された内容と、当日の作業内容が異なった場合は減額の要求が出来ます。たとえば、作業人数が少なかった、トラックの大きさが小さかった、午前便の予約だったが、作業時間が大幅に遅れたなど)

 

 

■キャンセル料について

 

引越し業者との契約をキャンセルする場合は、当日で運賃から20%、前日で10%となっています。
それ以外は無料となります。

 

見積もり書に記載された引越し料金の合計ではなく、キャンセル料は運賃にかかります。

 

見積もり書は、運賃+実費+オプション費=引越し料金となっています。
この中の運賃のみにかかる料金となります。

 

 

ただし、キャンセル日に関わらず、それまでにかかった実費は請求されます。
(資材としてダンボールやガムテープの配布がありそれを利用した、家電の取り外しを依頼しその作業が完了していた場合など)

 

 

補足内容として、キャンセル料は前々日までかからないため、業者の中には、他の安い業者に契約を取られまいと、前金を請求するところもあるので注意して下さい。

 

 

■保証内容について

 

引越し業者は、ほぼ引越し保険に加入していますが、強制加入ではない為、事前確認が必須です。
保証内容は、業者の責任があった場合のみ最大1000万円まで支払われる事になります。

 

期限は、荷物の受け取り日から3ヶ月以内に通知しないと時効になります。

 

 

業者の責任とは、業者の不注意により、お荷物の搬出時から搬入までの間に紛失や破損があった場合のみです。

 

 

渋滞による到着の遅れ、予測できない事故や災害、環境の変化による荷物の故障が起きた場合は適用されません。

 

保証される金額は、時価相当額または修理費用となり、購入費全額が補償される訳ではありません。
また、時価相当額を修理費用が超える場合は、時価相当額が弁済されます。(安い方が適用される。)